teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


>確率大好き さん 

 投稿者:DEM.  投稿日:2016年11月21日(月)13時35分27秒
  解決されたようで良かったです。

理論値を求めることで4年以上前のシミュレーションの妥当性を確認できましたので、私としても有意義でした。

これからもどうぞよろしくお願いします。

http://www.dwdem.com/math/lec/

 
 

(無題)

 投稿者:確率大好き  投稿日:2016年11月21日(月)11時10分19秒
  DEM. 様

ご回答いただきありがとうございました!!

完璧にグラフを描くことができました。

お手数をお掛けしてしまい本当に申し訳ないのと同時に大変感謝しております。

今後もこのサイトでいろいろ勉強させていただきますので宜しくお願い致します。

非常に有益な情報ありがとうございましたm(_ _)m

 

>確率大好き さん

 投稿者:DEM.  投稿日:2016年11月21日(月)02時30分5秒
 
お待たせしてすみません。
以下のページをご覧ください。

http://www.dwdem.com/math/lec/px.html

シミュレーション結果と合致しているので式は正しいと思いますが、ご質問の回答になっているか心配です。
不明な点やご要望があれば遠慮なくここに書き込んでくださいね。
 

(無題)

 投稿者:確率大好き  投稿日:2016年11月17日(木)09時39分45秒
  DEM様

ご回答いただきありがとうございます!

当方こちらのサイトで勉強させていただきEXCELで標準偏差や平均をだしております。
理解が深まり大変感謝しております。

EXCELでグラフを書く際、x軸とy軸のデータが必要になるとおもうのですが、
大当たり回数or収支(x軸)に対するy軸の発生頻度がだせない状態です。

お待ちしております。
ご無理のない範囲でお願い致します。m(_ _)m
 

>確率大好き さん

 投稿者:DEM.  投稿日:2016年11月16日(水)12時22分10秒
  確率大好き さん、投稿ありがとうございます。

回答は少しお時間ください。

先にお詫びですが、第22回の【図9】のグラフは計算によって書いているものではありません。
シミュレーション結果をグラフで表しています。
まぎらわしくてスミマセン。
とはいえ10万人分のシミュレーションですので理論値もほとんど同じ曲線になるはずです。

【図6】【図7】【図8】【図10】【図11】も同様にシミュレーション結果のグラフ表示です。
理論値(計算して出した値)を示しているのは【図6】【図7】【図8】の平均と標準偏差σ、
【図7】【図8】の正規分布グラフ(オレンジの曲線)です。

また、【図9】は【図6】と全く同じ形をしています。
本文中でも書いていますが、初代牙狼は出玉が一種類ですので、総当たり回数の分布がそのまま収支の分布になります。
ですのでご質問の回答も総当たり回数の分布でお話しします。
(ここが不明であれば遠慮なくご質問ください)

では、申し訳ありませんが数日お待ちください。

http://www.dwdem.com/math/lec/

 

教えて下さい。

 投稿者:確率大好き  投稿日:2016年11月15日(火)18時13分45秒
  拝見させていただいております。
ものすごくためになります。

6.回転率による累積収支の違い
【図9】累積収支の分布(1日の収支)の発生頻度(Y軸)はどのような公式でだしているのでしょうか?
どうしてもこの累積収支のグラフが描けません。

宜しくお願い致します。
 

>勉強中さん

 投稿者:DEM.  投稿日:2014年 6月 2日(月)07時42分35秒
  先生はやめてください(笑)
ほんの少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

http://www.dwdem.com/math/

 

>DEM.先生

 投稿者:勉強中  投稿日:2014年 6月 1日(日)10時38分25秒
  解答ありがとうございます。

なにやら、深い霧の奥にあるボーダー理論の手前のほうの霧が少し
晴れてきたような気がします。

『ボーダーライン+αの台を打ち続ければ良い。』と単純に思って
いましたが、バックグラウンドとなる論理がないと、確信をもって実践
できません。何しろ命の次に大事なお金を賭けるわけですから。

まだ完全に自分の物になっていませんが、たまに実践しながら
DEM先生のサイトを読み返し、より理解を深めて行きたいと思います。
今回から先生と呼ばさせてください。

何回かに渡って返答いただき、大変ありがとうございました。
壁にぶち当たったら、また質問させてください。
よろしくお願いいたします。
 

>勉強中さん

 投稿者:DEM.  投稿日:2014年 6月 1日(日)09時33分15秒
  こんばんは。
答えは3つとも正解です(^^)
そして勉強中さんが「脳ミソが混乱してきた」とおっしゃるその点がポイントです。
完全確率であると考えるのなら、朝一番0回転で始めても、1,000回転当たっていない台で始めても、どちらが当たりやすいということはありません。
では確率分回した63%はどこへ行ってしまったのか?

パチンコの完全確率の場合、勉強中さんのお考えのとおり、毎回転同じ確率で抽選が行われます。
イメージとしては、クジを引いて当たっても外れても引いたクジを戻す方式です。
逆に、引いたクジを戻さない方式であれば、自分が引く前に誰かがハズレを引いていればお得になりますよね。
これは過去の抽選結果によって「今」の確率が変化する方式です。
パチンコの場合は常に同じ確率ですから、過去に起こったことは全く関係ないことになります。

ケース2についても同様です。
Aさんが積み上げた250回転分の期待値は勉強中さんがこれから打つときの期待値とは全く関係ありません。
それどころか、Aさんが引き続き打つとしても関係ありません。

では、期待値を積み上げることには何の意味があるのでしょう。
ここまでの話を落ち着いて考えて、もう一度「第22回 ボーダー理論のビジュアル化」を読んでみてください。
それでまた疑問があれば遠慮なく質問してくださいね。

http://www.dwdem.com/math/

 

>DEM. 様

 投稿者:勉強中  投稿日:2014年 5月31日(土)18時23分44秒
  こんばんわ。
言葉に統一性がなく、読みづらくなり失礼しました。
問題に回答します。
  ・問1の回答:1/350 (完全確率だから)
  ・問2の回答:1/350 (完全確率だから)
  ・問3の回答:期待値は同じ (2人共に同じ期待値の中で同じ回転数を回すから)
断片的な問題について考えてみると、この様な回答になりました。正解ですか?

あれ?! でも、
   ・ケース1について、確率分回したときの63%
   ・ケース2について、期待値の積み上げ
は、何処に行ってしまったのでしょうか???  脳ミソが混乱してきました。
でも、少し楽しいです (^^;

 

レンタル掲示板
/9